電話代行で時間有効化

社員全員が留守の場合は誰も電話に出られないこともあると思います。しかし、電話に出られないことでせっかくのビジネスチャンスを逃している可能性もあります。電話応対をおろそかにすると、新規顧客だけではなく、既存の顧客まで離れていってしまうことにもなってしまいます。

電話応対は業績に関係ないという考えでいると大きな損失につながることにもなります。業種や会社によって営業時間が違ってきます。電話代行を依頼することで、休日や夜間の電話応対も可能になり会社にとっては新規顧客獲得などのプラス効果があります。

商談中は携帯に電話がかかってきても事務所に転送するという方も多いと思います。商談中や集中して作業をしている時は電話で邪魔されたくないものです。急ぎの用件や商談などの重要な用件でスムーズに連絡がとり合えずに苦情がきたり、契約破棄になってしまうこともあり、企業の信用度も落ちてしまいます。

教育を受けた代行スタッフが対応することで、商談などで自由に外出でき、仕事にも集中できます。電話の用件は携帯電話や携帯、パソコンのE-mail、急ぎの場合は携帯の内線など依頼者の希望に合わせて対応してくれる代行業者が多くあります。

 

電話代行で業務効率化

電話受付業務を代行業者に依頼することで、人件費のコストカットができる可能性があります。電話対応だけのスタッフを雇うとなると様々な手当てを含めてそれなりの人件費がかかってしまいます。企業でスタッフを雇うより電話代行に依頼することでコストが抑えられるというメリットもあります。

会社に必要のないセールスや勧誘の電話応対に時間を割く必要もなくなりますし、会議中に電話がきて中断ということもなく、集中して作業を行うことができるので、仕事をスムーズに進行させることができます。電話代行を有効的に利用することで、人件費を抑えられ予算を開発に回すことも可能になります。電話代行の使い方しだいで不要なコストを削減でき業務の効率化ができ会社の成長にもつながります。

ただ、デメリットとして電話代行スタッフが依頼してきた会社の商品を全て詳しく理解しているわけではないので、クレームにつながるリスクがあります。代行業者に依頼するときはトラブルにならないためのマニュアルを作っておくといいでしょう。電話応対業務に不慣れな社員に任せるより、電話応対の教育や研修を受けたスタッフが安定的に電話に対応することで貴社のイメージも良くなり信用度もアップできるでしょう。